埼玉県の出張写真撮影

埼玉県内の出張写真撮影カメラマン依頼予約19,800円〜

出張撮影 埼玉

当サービスでは、新生児写真(ニューボーンフォト)、お食い初め(百日祝い)、初節句、お宮参り、ハーフバースデー、ファーストバースデー、お誕生日会、七五三(753)を始め、幼稚園・保育園の入園式・卒園式、運動会、小学校の入学式、ピアノの発表会、ハーフ成人式(1/2成人式)、ハロウィン、クリスマス、ホームパーティー、年賀状、成人式、カップル写真・エンゲージメントフォト、結婚写真・フォトウェディング、マタニティフォト、ポートレート、新居・新築・引越し祝い、還暦祝い・長寿祝い(喜寿・米寿)、生前撮影(遺影写真)、ペットといった家族写真を中心に撮影させていただいております。また、屋外でのロケーションフォト以外にも、ご自宅や飲食店、スタジオなど屋内での撮影を承ることも可能です。

 

サービス内容、ご利用料金、その他情報につきましては、下記の当サービス公式ホームページにて詳しく記載しております。

出張撮影

 

お急ぎの方は下記窓口よりお問い合わせくださいませ。

出張 撮影 予約

 

≪地域情報≫

埼玉県は、日本の都道府県の一つで、関東地方の中央西側内陸部、東京都の北に位置する県。県庁所在地はさいたま市。

 

出張 写真 埼玉

 

概要

日本で8つある内陸県の一つであり貿易港や臨海工業地帯を有さないものの、日本の都道府県中、人口は720万人弱(2009年)、県内総生産は20兆円強(2006年)で共に第5位、人口密度は1,890人/km2で第4位である(内陸県中ではいずれも第1位)。また農業産出額は第17位(2010年)であるが、ネギやホウレンソウ、ブロッコリーなど産出額が全国5位以内に入る農作物も多い。農業産出額が第2位の茨城県、第3位の千葉県とともに、首都圏における近郊農業の盛んな地域といえる。

 

県の西側(秩父地域)には山が多い一方、それ以外の地域は関東平野の一部をなしており平地が多い。平地部においては、東京に隣接する南側ほど人口が密集し、逆に北側ほど農地が多くなるという傾向がある。県庁所在地であるさいたま市は、内陸県にある最大規模の都市であり、内陸県唯一の政令指定都市でもある。

 

名称

浦和県、岩槻県、忍県が統合してできた旧埼玉県(現在の埼玉県の東側3分の1)の設置当初、県庁が埼玉郡岩槻町(現:さいたま市岩槻区)に置かれる予定であったため、その郡名から埼玉県と名付けられた。しかし、岩槻に県庁に適した建物が無く、県庁業務は足立郡浦和宿(現:さいたま市浦和区)の旧浦和県庁舎で行われた。一方、現在の埼玉県の西側3分の2に当たる地域は入間県となり、その後、群馬県と合併して熊谷県となるも僅か3年で熊谷県は解消され、旧入間県地域は旧埼玉県と合併して現在の埼玉県が誕生した。その際に、埼玉県の名称のまま県庁所在地も浦和宿となったため、岩槻町が実質的な県庁として機能することはなかった。1890年(明治23年)9月25日には、勅令により正式に北足立郡浦和町が県庁所在地となった。

 

「埼玉」の地名の発祥地は「埼玉郡埼玉(さきたま)村」(現:行田市大字埼玉)である。その名称の由来は諸説あるが、埼玉古墳群が由来とする説や、幸福をもたらす神の働きを意味する「幸魂」(さきみたま)から名づけられたとする説がある。奈良時代の『万葉集』に「前玉」「佐吉多万」(さきたま)という記述があり、また、平安時代の『和名類聚抄』に「埼玉」「佐伊太末」(さいたま)という郡名がみられる。当時、既に「さいたま」と呼ばれていることが分かる。  大観的に「さきたま」「さいたま」どちらの発音も同義として解釈されるが、「さきたま」の方が古い語である。これは日本語発音上でのイ音便と呼ばれる変遷の一例で、大分(碩田:おおきた→おおいた)なども同様の例である。

 

地理・地域

旧律令国においては、現在の埼玉県の領域は大部分が武蔵国に含まれており、東端部の江戸川沿いの一部地域が下総国に含まれていた。武蔵国には東京都、及び神奈川県の北東部も含まれることから、埼玉県は武蔵国の中部・北部にあたると言える。埼玉県の形状は、東西約103km、南北約52kmと東西方向に長い。日本の都道府県中面積が9番目に狭いが、最も狭い都道府県である香川県の約2倍の面積を有する。また周囲は7都県と隣接し長野県の8県に次いで多い。県の東側では江戸川を境に千葉県に接し、北東側には茨城県・栃木県ともわずかに接する。北側および北西側は概ね利根川、神流川(利根川の支流)といった河川、および荒川・神流川の分水嶺を境として群馬県に接している。南側はほぼ東西に真っ直ぐに東京都・山梨県と接している。この南境は、西部では荒川と多摩川あるいは笛吹川の分水嶺にあたるが、東部では一部が荒川となっている他は河川や分水嶺などの地形に見いだすことは難しい。

 

埼玉県の地形は、児玉・小川・飯能を走る八王子構造線によって、その東側の平地部と西側の山岳部に分けられる。東側の平地部は古来利根川や荒川、入間川などの流域であり、低地や台地(武蔵野台地、大宮台地など)が広がるほか、一部に丘陵(比企丘陵など)もみられる。江戸時代、徳川家康により現在の古利根川の流路に近かった利根川の流路は、渡良瀬川(現在の江戸川の流路に近い)、ついで鬼怒川(毛野川)に導かれ、また現在の元荒川の流路に近かった荒川の流路は入間川に導かれ、現在の河川形態となった(利根川東遷事業)。西側の山地部は関東山地に含まれ、その中央部に秩父盆地がある。秩父盆地東側の比較的標高の低い山塊は特に外秩父山地とも呼ばれる。西側の長野県境は日本海側との分水嶺を形成しており、その南端に位置する甲武信ヶ岳は千曲川、荒川、笛吹川(富士川の支流)の源流であるとともに、埼玉県・長野県・山梨県の県境となっている。その北には県最高峰である三宝山(2,483m)がある。

 

交通情報

・鉄道
東日本旅客鉄道、東北新幹線、上越新幹線、長野新幹線、山形新幹線、秋田新幹線、宇都宮線(東北本線)、高崎線、湘南新宿ライン、京浜東北線、埼京線、武蔵野線、川越線、八高線、東武鉄道、本線、伊勢崎線(愛称:東武スカイツリーライン、東武動物公園駅以南の区間)、野田線(愛称:東武アーバンパークライン)、日光線、東上線、東上本線、越生線、西武鉄道、新宿線、池袋線、西武秩父線、狭山線、山口線(愛称:レオライナー、新交通システム)、首都圏新都市鉄道、つくばエクスプレス、埼玉高速鉄道、埼玉高速鉄道線(愛称:彩の国スタジアム線、地下鉄)、秩父鉄道、秩父本線、三ヶ尻線、埼玉新都市交通、伊奈線(愛称:ニューシャトル、新交通システム)、宝登興業、宝登山ロープウェイ、東京地下鉄(東京メトロ)、有楽町線、副都心線

 

・路線バス
東武鉄道グループ、東武バスセントラル、東武バスウエスト、朝日自動車、茨城急行自動車、川越観光自動車、国際十王交通、国際興業、西武バス、西武自動車、京成バス、秩父鉄道観光バス、武蔵観光(代替バス)、イーグルバス、ジャパンタローズ、マイスカイ交通、丸建自動車など

 

観光情報

国宝、武蔵埼玉稲荷山古墳出土品 他4件、国登録有形民俗文化財、狭山茶の生産用具(入間市博物館所蔵・一部展示)、重要伝統的建造物群保存地区、川越(川越市)ほか